Kei

記事一覧(15)

【社長ブログ】アマモに漁業の将来を感じた日

瀬戸内の中心、備後灘(広島県福山市内海町)で五代目魚屋をしています、カネト水産の佐藤です。今日で書き初めて1週間です。すでに毎日書く時間を作ることに苦労していますが、手伝ってくれる方と、読んでいただいた方からの反響を励みにがんばっています。6月21日、先日のブログで予告したように、笠岡漁協さんでされているアマモのタネ採りに同行してきました。【アマモとは?】 アマモは海のゆりかごの役割を果たす重要な植物で、 魚やイカが産卵しやすかったり、 生まれたての小魚の隠れ場所になったりします。 昨今ではアマモが群生している藻場が減り、 魚たちが育つ環境が少なくなっています。 環境破壊、高水温化、食害(アマモが魚に食べられること)などが原因です。】今回、笠岡に行ったのは、先日入部させていただいた『福山市場組合青年部』の活動の一貫として『笠岡市漁協さんで毎年アマモを増やす活動をしょうるけえ行かんか?』とお誘いいただき、地元田島漁協青年部の兼田部長と一緒に行ってきました!鞆の浦の平港に集合し、岡崎丸の岡崎さんに笠岡まで船で連れて行ってもらいました。するとそこには既に、出船の準備が整った船がたくさんいて、僕たちもすぐに地元の漁師さんの船に乗り換えて、後をついて行きました。